DESIGN Oilの新しい名刺
DESIGN Oil BLOG

DESIGN Oilの新しい名刺

  • twitterで共有
  • Facebookで共有
  • Google+で共有
  • はてなブックマーク
  • LINEで共有

名刺のデザインを新調しました。
「名刺は一番小さなポートフォリオ」だと思っています。そして、名刺をデザインする時は、ポートフォリオとは違い、自分に興味の無い人にも(名刺交換と言う商習慣を利用して)見てもらえるチャンスのあるものだということを意識しています。

20140530-02

八戸からやって来た新しい名刺

DESIGN Oilの新しい名刺

用紙にプライク紙を使用しました。イタリア生まれの「超」マットな用紙です。プラスチックのような(自分は合皮のように感じました)ヌメッとした独特の手触りが心地よくていつまでも触っていたくなる用紙です。プラスチックライクだからプライク。

背景の赤い色は用紙の地の色です。

この超マットな用紙に天銀加工を組み合わせてみました。名刺の切り口に銀箔を貼っています。名刺をひっくり返した時に「キラッ」と光るワンポイントになっていると思います。

DESIGN Oilの新しい名刺

この驚くほど美しい赤い用紙に(このAppleっぽい言い回し、一度言ってみたかった!)白インクで印刷しています。

白いインクは隠蔽力が弱く、こういった濃い色の用紙と組み合わせると地の色が透けてしま「真っ白」になりません。ですので、印刷所に「プライク紙レッドに白インクで印刷したいんですけど」と問い合わせるとだいたい断られてしまいます。たんに真っ白にするだけなら白箔という手段もあるのですが、探してみると「白インクを10回塗り重ねて真っ白を作ります」というおもしろい印刷所を見つけました。(ブログ後半で紹介しますので興味のある人はそちらを参照してください。)

例えば、この表面。
「web & graphic〜」と「www.design-oil.com」と「DESIGN Oilロゴ」を、それぞれ1回塗り重ね、3回塗り重ね、10回塗り重ね。と、塗り重ね回数を変え下地の透け具合を変化させることで、白1色の中で表情を作ることができました。

DESIGN Oilの新しい名刺

裏面はこんな感じに。
この写真だと色が飛んでいてわかりませんが、裏面には3つのパターンを用意しました。これも、7回までは白をべた塗りをし、8〜10回目でパターンを塗り重ねることで表情を作ることができました。

DESIGN Oilの新しい名刺

DESIGN Oilの新しい名刺

縁起のいい右肩上がりのストライプ。

DESIGN Oilの新しい名刺

波紋。

DESIGN Oilの新しい名刺

ドット。

DESIGN Oilの新しい名刺

全体のレイアウトはこんな感じになっています。

名刺をデザインする時に大切にしていること

海外では変形サイズの自由な発想の名刺があったりとおもしろいですよね。
ただ、日本では既に名刺文化が定着しているので、(ビジネスが絡む場合)名刺のフォーマットから大きくはみ出さないことが大切だと思っています。名刺を貰ってくれた人を、収納や整理で困らせてはいけないですからね。

また、「感触」を大切にしています。
手に持ったときの感触はWebの世界には無い、印刷物ならではの要素だと思っています。ですので、触れていて心地いい紙や加工になるように心がけています。

と、言うわけでこの新しい名刺、とってもお気に入りなのでtokizakiと会う機会がありましたらぜひぜひ貰ってやってください。
(名刺を貰うのもすごく好きです。他のデザイナーがどんな名刺を持っているのか?日本語をどんな風に納めているのか?素敵な名刺に出会うとすごくわくわくします。)

最後に

DESIGN Oilでは名刺のデザインもおこなっています。
ガツンとインパクトのある名刺からビジネスで気軽に使える名刺まで、テンプレートなどは使用せず、お客様との打ち合わせの中で一点一点デザインした名刺を作っています。

お仕事お待ちしています。

印刷をお願いしたのはこちら

sophisticate | 特殊印刷WEB受注サイト

sophisticate | 特殊印刷WEB受注サイト
http://sophisticate.akp.jp

オリジナルデータでサンプルを取り寄せられる

多くの印刷屋さんの無料サンプルは既に用意された既存のサンプルですが、sophisticateさんではサンプルを取り寄せる際に、オリジナルデータを添付することで、添付したデータでサンプルを作って送ってくれます。この無料サンプル、3回まで対応してくれるそうなので、印刷前に校正ができちゃいます!格安名刺印刷の多くが、校正に対応してないかオプション扱いなので、通常料金で校正できるのはありがたいです。
(今回の名刺制作の際は2回ほどサンプルを作成してい頂きました。)

細かな配慮がうれしい

ちなみに、サンプルは郵送で届くのですが、発送と同時にデジカメで撮影したデータをメール添付で送ってくれます。現物が届くまでのタイムラグを、写真データで埋められる。こういうちょっとした心遣いがすごくうれしいですよね。

できること・できないこと

10回塗り重ねはオプションです。通常料金では3回塗り重ねまでです。(10回塗り重ねオプションを強くおすすめします!)
また、sophisticateさんでは天銀加工はおこなっていません。今回制作した名刺は、sophisticateさんで印刷後に別の印刷所で天銀加工をおこなっています。

ラインナップに無い容紙にも、追加料金で対応可能とのことでした。「この用紙で作りたい!」というこだわりの用紙がある方は相談してみると良いと思います。