DESIGN Oil BLOG

エイプリルフール反省会

  • twitterで共有
  • Facebookで共有
  • Google+で共有
  • はてなブックマーク
  • LINEで共有

エイプリルフール反省会

今年は design-oil.com もエイプリルフールに参加させていただきました。おかげさまで、当初想定していたアクセ数を大きく上回る、約8,500UUほどのアクセスがありました。

ご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。

参加したネタがブラウザネタという事もあり、心ばかりのお礼として、当日のアクセス解析結果を(ブラウザシェアを中心に)公開したいと思います。今後のサイト制作等に役に立てていただければ幸いです。


アクセス解析結果

下記アクセス解析結果は2011/4/1のデータを集計した物です。

ユニーク ユーザー数:8,498
ページビュー:13,214

ブラウザシェア

ブラウザシェア

FirefoxがIEをわずかに上回る結果に。

ブラウザシェア(バージョン別)

ブラウザシェア(バージョン別)

バージョン毎のシェア。IE8がトップで22.80%。問題のIE6は9位で1.98%。
公開されたばかりのFirefox4.0が早くも4位で9.18%も。

日本ではIE6のシェアが10%近くあるという話ですから、今回の結果はだいぶ偏った数字かも知れません。

IEのバージョン別シェア

IEのバージョン別シェア

IE内でのバージョン毎のシェア。IE8が81.34%と圧倒的。
なぜIE5でアクセスしてきたし…。

画面解像度シェア

画面解像度シェア

画面解像度のシェアはこんな結果に。
XGAの解像度も根強い人気。

OSシェア(Windows)

OSシェア(Windows)

Windowsのバージョン毎シェア。XPが約50%でトップに。IE6がいつまでも消えないのは、やっぱり圧倒的なシェアを誇るXPのせいなんでしょうね。

Vistaをおさえて7が31.16%で2位。

OSシェア(Mac)

OSシェア(Mac)

最新版の10.6が63.66%で1位。Windowsと比べると、順調に新しいOSが普及している印象。Windowsと比較してOS自体の単価が安い事と、古いOSのサポートが切れるのが早い事が関係しているのかなと予想。

上位のトラフィック

上位のトラフィック

アクセス元の結果はこんな感じに。やっぱりGigazineさんからのアクセスが多いですね。さすがです。

この他、直帰率は74.64%。新規訪問数は95.25%、という結果に。

まとめ

設置していたソーシャルボタンの結果は、はてなブックマークは+25程度、ツイート数は+620程度、いいね(Fb)は+50程度でした。
こういった時事ものの拡散力はtwitterが圧倒的に感じました。ネタに対するツッコミを入れる事でフォロアーさんとネタを共有して行く感覚が、拡散力につながるのかなと思います。

はてなブックマークは、期待していたよりも伸びず。一過性のページなのでブックマークしても意味がいないという事でしょうか。

ちなみに、反省点なのですが、ツイートボタンのタイトルを通常使用している「サイト名」のまま公開してしまいました。(公開後に気がつきました)
ツイートしてくれた人の中には、手動でタイトルを書き換えてくれた方もいましたが、こういった部分はネタの拡散力にも関わる部分ですのでぬかり無く手を入れておきたいですね。

また、ネタ内では下記の素材配布サイトから数点素材を使用させて頂きました。
良質な素材の配布に感謝いたします。

無料写真素材 東京デート
フリー写真素材 :: Free.Stocker【無料・商用可・著作権表示不要】
写真素材 足成【フリーフォト、無料写真素材サイト】

最後に

まじめにバカなことをやるという行為が大好きで、毎年、エイプリルフールを楽しむユーザーでした。今年は提供する側にまわれた事に感謝します。

コンテンツの公開にあたっては、このような状況ですし、当日の朝まで本当にギリギリまで迷いました。
3月31日にメインマシンを水没させて、起動不可にしまうというというエイプリルフール先取りな個人的ハプニングもあり、テンションは下がる一方だし、ネタの最終的なブラッシュアップもできないしで、そのあたりも迷いのひとつでした。

エイプリルフールで被災地に元気を!なんて大それた事は考えていません。被災地の人たちはまだ、エイプリルフールを楽しむ余裕も無いでしょうし、避難所ではネット環境も潤沢ではないでしょうしね。

ただ、ひとつ確実にいえる事は、今回のエイプリルフールにツッコミを入れてくれた方々のおかげで、とても元気をもらえました。一番元気をもらえたのは自分でした。これは公開前は想像もしていない事でした。

来年は、みんながエイプリルフールを楽しめる、そんな状況だといいなぁ。って心から思ってます。