DESIGN Oil BLOG

マイクロソフト製、無料のウィルス対策ソフト【Security Essentials】正式版が配布開始なのでインストールしてみました

  • twitterで共有
  • Facebookで共有
  • Google+で共有
  • はてなブックマーク
  • LINEで共有

Security Essentials

MS製の無料アンチウィルスソフト「Microsoft Security Essentials」の正式版が配布開始になったようです。
しかも、日本語版も用意されてます。嬉しいですね。

早速ダウンロード&インストールしてみました。


ダウンロード

Security Essentials

ダウンロードは下記URLから。

ウイルス、スパイウェア、マルウェア対策 | Microsoft Security Essentials
http://www.microsoft.com/ja-JP/security_essentials/default.aspx

システム要件は以下の通り。

●対応OS:正規品 Windows XP (Service Pack 2, Service Pack 3); Windows Vista (Gold, Service Pack 1, Service Pack 2); Windows 7

●Windows XP の場合、PC の CPU はクロック速度 500 MHz 以上、RAM は 1 GB 以上
●Windows Vista および Windows 7 の場合、PC の CPU はクロック速度 1.0 GHz 以上、RAM は 1 GB 以上

●VGA ディスプレイ (800 × 600) 以上
●ハードディスクの空き容量 140 MB
●インターネット接続&インターネット ブラウザー

Security Essentials

仕様言語とOSのバーションを選択してダウンロード。

Security Essentials

インストール

Security Essentials

ダウンロードしたexeファイルを実行してインストールを開始します。

Security Essentials

使用許諾書をチェック。

Security Essentials

Security Essentialsをインストールする為には、OSの正規ライセンスを所有している必要が有ります。

Security Essentials

チェックの結果は「正規品として検証されました」ので、引続きインストール作業に戻ります。

Security Essentials

他のウィルス対策ソフト等と併用しないでねというお願い。

Security Essentials

インストール中・・・。

Security Essentials

以上でインストールは完了!

ウィルス定義の更新とスキャン

Security Essentials

インストールが完了すると、引続きウィルス定義の更新とウィルススキャンに移ります。(クイックスキャン)

Security Essentials

ウィルスは見つかりませんでした!
続いては、Security Essentialsの設定をチェックして行きましょう。

設 定

Security Essentialsのメニュー配置や設定項目は非常にシンプルでわかりやすいので、「アンチウィルスソフトを使った事が無い」なんて人にも勧めやすいですね。

Security Essentials

定期的にスキャンを自動実行させる為の設定。

Security Essentials

「ウィルスが発見された場合に、どのように動作するか」の設定。

Security Essentials

このように、各警告レベルに応じて設定可能。
設定に迷ったら、デフォルトで。

Security Essentials

リアルタイムな保護に関する設定。
メインのアンチウィルスソフトがSecurity Essentialsの場合は有効にしておきましょう。

Security Essentials

監視対象から除外する「ファイルの種類」、「場所」や「タスク」なども設定可能。

Security Essentials

このあたりも、「よくわからないや」という人はデフォルトで。

Security Essentials

監視対象から外れるという事は、ウィルスに感染するリスクが高まるという事ですからね。

Security Essentials

詳細設定。
「リムーバブルドライブをスキャンする」にチェックを加えました。

Security Essentials

検出したウィルスの情報をどのように報告するか、の設定のようです。

上級メンバーシップとして参加すると、マルウェアに関する基本的な情報(マルウェアのファイル名や動作)や、PCに及ぼした影響など詳細に送信する様です。

詳しくはMSのサイト「Microsoft SpyNet コミュニティのメンバーシップを変更する」からどうぞ。

Security Essentials

ウィルス定義は自動で更新されますが、手動で更新したい場合は「更新」から。

Security Essentials

一連のログは「履歴」からチェック。

肝心の検出率などは、まだまだ未知数な感じです。
現段階では人柱感が強いですが、「今まで何もウィルス対策をして来なかった」なんて無防備な人はこの機会に、是非検討してみて下さい。

シンプルな操作感なので初心者にもおすすめ。

ちなみに、フルスキャンの速度を、手持ちのNorton Antivirus 2005(ふ、古い・・・)と比較してみました。

Security Essentials

結果は、Security Essentialsの方が15.50%高速という結果に。
(※環境や対象のファイルなどによって結果は変わってきますのであくまで参考程度に)

と、言うわけで「他にも無料のアンチウィルスソフトを試してみたくなって来た!」という方は、下記のエントリーも合わせてどうぞ。

「MS製 無料ウイルス対策ソフト まもなく正式公開へ」と無料ウィルス対策ソフト6のリンク+4のおまけ